「貧乏女子の切り札」

冒頭からアレですが私の実家ってすっごい貧乏で!当たり前ですが大学にはいけず、高校卒業と同時に働き出しました。・・・といっても、この不景気。大卒ですら正社員になれないのですから、高卒など尚のこと。そんなこんなで、私はフリーターとして身を粉に働いています・・・。 彼氏は大学へ進学したものの、親からの仕送りだけで生活はカッツカツ。そのせいか、最近のデートはもっぱらマックですね。たまにはお洒落にショッピングしたり、美味しいレストランで食事したりしたい!とは思うものの、やっぱりお金はない。大学生活でストレスをためる彼のためにも、何か出来ないかなーと常日頃思っていました。 そんな私はある日、職場たる喫茶店に置いてあった、女性週刊誌である求人広告を発見します。それはチャットレディーという女性限定の求人で、インターネットで行う仕事でした。高収入、在宅勤務・・・なんて美味しい条件でしょう。私は思わず写メールとして保存し、帰宅しました。 帰宅後、インターネットで調べてみると・・・最近では割とポピュラーな仕事のようで。アダルト系というジャンルはエッチなことが必須らしいのですが、ノンアダルト系は、逆にエッチなことが禁止らしい。アダルト系は時給の高さが魅力でしたが、彼氏持ちの女がすべきことではありません。私はノンアダルト系にターゲットを定め、より好条件のライブチャットを探しました。 実際にチャットレディーをしてみると、キャバクラっぽい感じを受けました。でもお触りはないし、アフターもないし、何かと女性に得が多い仕事だと思います。今のところ、週5時間程度のログインで月10万円前後ですね。いまは彼氏に内緒で、旅行を計画しているところです。

匿名性が保たれています

ライブチャットの楽しさはどのような点にあるのか。 コミュニケーションならSNSや匿名掲示板で良いのではないかと思っている人もいるでしょう。 名前を出してのコミュニケーションであればSNS。 匿名性を保ったままのコミュニケーションであれば匿名掲示板。 この二つがあればちょうど良いと考えている人も多いでしょうが、ライブチャットはどちらかと言えば匿名性を保ったまま楽しむ事が出来るものですね。 ですがライブチャットの面白い所は、女の子であるチャットレディは顔を晒しているのです。 つまりは、チャットレディは匿名性がそこまで高いものではないのです。 男性は顔を晒す必要性はありませんので、匿名性はとても高いのですが、チャットレディにはそれがないのです。 つまり、同じサービスを楽しんでいるのにお互いで匿名性が異なってくるのがライブチャットなのです。 このようなサービスはそうそうないのではないでしょうか。 ですからSNSのように双方が実名だと少々緊張する。 あるいは気を使うという人にとって、ライブチャットは自分は匿名を保ったまま顔を出しているチャットレディと楽しむ事が出来ますので、このバランス感覚こそがライブチャットならではな部分と言っても良いでしょうね。

Not Found

Sorry, but you are looking for something that isn't here.